ギャンブル依存症 ベロの回復に向かって!

こんにちは、ベロです。私は病的賭博です、完治はしませんが、回復はあります。回復の軌跡、奇跡、ご覧ください!現在進行中

スポンサーリンク

何があってもやめられない

酷くなる一方のギャンブルですが、何かおおきなことをきっかけに変わったりするとおもいますよね。

実際そういった話もよくききますしね。

 

おはようございます。ベロです。

f:id:bero3:20200520064341j:image

私の場合ですが、大きなきっかけは2つありました。

 

ひとつは結婚。

 

付き合っていた時期に、借金があることを告白し、別れようとしましたが、借金を返して一緒になろうと元妻が言ってくれて、お金を貸してくれました。

 

そこで借金を毎月25万位ずつ返済し、返済が進んでくると、次は結婚式を挙げ、生活をしていくための貯金をしました。

 

1年くらいかけて、その資金を貯めて、結婚することが出来ました。

 

これだけ頑張っていたのですから、ギャンブルなんかしてないし、改心したと思うでしょう?

 

それが全くしてないのです。

 

返した後からすぐにまた借りていたのです。

結婚したらギャンブルを辞めようと思ったことも何度もありましたし、実際やらなかった時期もありましたが、結局また隠れて借金をしたためギャンブルで借金を返済しなきゃ、という考え方にしかならなかったのです。

 

表上の私の月の小遣いはタバコ代を含めて2万円、それ以外は返済と貯金ということにしていましたが、実は毎月7から8万くらいは使っていました。もちろんギャンブルです。

 

なので、結婚準備中に借金の返済をし、貯金ををし、そしてまた借金を影でコソコソしていたのです。

 

なので、結婚をきっかけに辞めることはできませんでした。

 

返済したと思った額と同じくらいまた借金していました。

 

さらにこの時にゲーム依存も出てしまっていて、ゲームの課金も少しずつ始まっていました。

 

結婚してからは、毎月付き合いなどあると言って、小遣いを5万にしてもらい、その小遣いで嘘をつきながら、ギャンブル、返済をなんとかやっていました。

 

 

 

次の転機は子供が産まれたときです。

この時も結構多くの方が、小遣いを減らしたり、家族のサポートのためにギャンブルをやめたりするのですが、私の場合は全く変わらず、ますます酷くなります。

 

元妻のつわりが酷くなったため、実家で養生をしてもらうようになりました。

 

私は心底ほっとしました。

 

実は寮での食事もタダで食べさせてもらっていたのですが、元妻には嘘を着いて、毎月食費で4万いると話していたのです。

 

なので、小遣い5万、食費4万の合計9万も遊べるでは無いですか!

 

狂ってますよね。そんな考え方にしかならないので。

 

そして、ゲームへの依存も酷くなり、仕事、パチ屋、ゲーム、の生活が始まります。

 

ご飯は寮で食べるものの、ギャンブルを早くしたいので、夕方には夕食を済ませたりもしました。

 

この時に元妻のカードがたまたま家にあったので、紛失届を出し、再発行をして、キャッシング枠50万とショッピング枠を50万使い切ってしまいます。

 

 

元妻が居ないので、やりたい放題の生活をしていましたが、とうとう終わりはやってきます。

 

実家の近くに転勤が決まり、そこで観念せざるを得ないのですが、借金やカード、ギャンブルの話はできませんでした。

 

何故かって、誓約書を書いていたからです😱

 

結婚前に一緒に返済をしていた時に、もう借金もギャンブルもしないという約束をしていました。

一瞬たりとも守ってませんでした。

 

 

そしてとうとう引越しがあり、ギリギリまでギャンブルとゲームをしていて、もうアップアップでした。

 

引越しも終わり、その後1月くらいで出産を迎えます。

 

出産も控えていたので言えなかったと言いたいところですが、言ってすぐに離婚になるのが怖くて言えなかったのが本音です。

 

この時は既にギャンブルをやめたくて仕方ないのですが、借金があり、その返済を何とかするため、ギャンブルをするしかない、という考えに囚われてました。

 

 

無事に元気な赤ちゃんを産んでくれて、幸せの絶頂かと思いきや、出産後二週間で地獄に転落です。

 

 

元妻が産婦人科から退院して、実家に帰ってくる日、私も給料を持って、妻の実家で合流することになってました。

 

実はもう給料を貰っていたのですが、既に3万程負けていて、いつもの給料を渡せないようになってました。

 

 

なので、うちに帰っての子供への初対面もそこそこに、仕事があるから、と給料はまだ貰ってないと嘘をついて、なんとその日の午後には競艇場にいたのです。

 

 

既に隠していた借金も数百万あり、元妻のカードも枠いっぱいまで使っていたので、競艇で一発大きく当てて返済を終わらせ、そこでギャンブルはもうやめようと思っていたのです。

 

その考え方がダメやろ!

と指摘されそうですが、本当に大真面目にそんなことを考えて、子供ともろくに対面せず、ギャンブルしていたのです。

 

一瞬だけ勝って、3桁まで行くかな、という時間もありましたが、その日の最終レースで、残り2万になっていました。

 

一日で一月分の給料を全て使い果たしてしまうのです。

 

元妻や他の家族の絶望の前に、私が絶望していました。

 

しかもあまりにもショックで、元妻にもその日には言えませんでした。

 

でもあまりにも給料の入るのが遅いので、指摘されたので、とうとう言わなきゃ行けなくなりました。

 

もうどうしたらいいか分かりませんでした。

 

ブログ応援してください

クリックお願いします↓↓↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

スポンサーリンク